DCD-1500AE

ザ・ビートルズ・ボックス (ステレオボックス)

Posted by mats01 on 9月 10, 2009
music, ピュアオーディオに入門 / No Comments



amazonで予約していたBOXが1日遅れでやっと届いた。

ひとことで言うと・・・


この22年間は何だったの?


とにかく、スゴいのひとこと。


monoやアナログと比較してどうとか、
マニアックなことでなくピュアオーディオ入門者の耳でのリマスターの第一印象を。

(まだ全部聴いてなくって、気になる曲やアルバムを中心に聴いた段階ですが・・・)


【視聴環境】
プリメインアンプ:PMA-1500AE / DENON
CDプレイヤー:DCD-1500AE / DENON
スピーカー:iQ30 / KEF
ヘッドフォン:K701 / AKG



とにかくまず今回のリマスターでの一番の恩恵は、

音の分離。

ここ。


ドラムの臨場感。

これがスゴい。

リンゴの叩くハイハットやシンバルが、
今までは多少ざらついて聴こえてたり、曲によってはうるさいと感じていたものが、
逆にすごく心地良い。


あと、
ベースもエッジがしっかりとしたっていうか、ひとつひとつのアタックがきっちりと聴こえる。

ポールの変態的なベースを再確認して背筋がゾクってなった。

それと、

ギターに関しては、
カッティグの音やコードストロークも、ちゃんと聴こえる。

ちゃんと伝わるか自身がないケド・・・

例えば、
今までは“ジャンジャカジャンジャン・・・”としか聴こえなかったモノが、
今回のリマスターでは“チャキャラクキャラカラ・・・”って聴こえるくらい。

ホント、ピックが弦に当たる音まで聴こえる気がする。

って言うか、
カッティグ上手すぎるでしょ。


また、
不自然なノイズカットはしていないので、
ヒスノイズは残っても逆に空気感が伝わってくる。

ってのも、ポイント。


いわゆる、
不必要なまでにノイズを消したり、音圧をあげて茶を濁した何ちゃってリマスターでは、

ない。


明確な意図をもって、
原音に近づけ、
オリジナルのアナログの空気やスピーカーで聴くコトを前提にした、
ってだけのことはある。

さらに。

それだけじゃなくって、
世界中にいるマニアたちを納得させなければいけないというプレッシャーと戦いながら、
ビートルズのオリジナル音源という歴史的遺産をリマスターするという、

考えただけでゾッとするようなコトをこのクオリティで仕上げたんだもんなぁ・・・


最大限の感謝と敬意を表したいと思います。



残りの曲ももう少し、聴き込んできづいたコトがあれば、
また書きたいと思います。


楽しみぃ。



ザ・ビートルズ・ボックス
ザ・ビートルズ
EMIミュージックジャパン (2009-09-09)
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 4.5
5 世界遺産を聴け!
3 もしポールがリマスターしたら…
5 ipodでなくスピーカーで聞きたい
4 ビートルズ音源の1つの通過点
4 次は全アナログ盤の再発でしょう


ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】
ザ・ビートルズ
EMIミュージックジャパン (2009-09-09)
売り上げランキング: 17
おすすめ度の平均: 4.5
4 早くも再発望む
5 驚きの中期のアルバム
3 好みの問題か?過度の期待はしない方がいいかも。
5 モノラルの醍醐味
4 買いですが。

ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版
マーク・ルーイスン
シンコーミュージック・エンタテイメント
売り上げランキング: 88
おすすめ度の平均: 4.5
5 ビートルズ本の決定版
4 完全版といっていいのかは疑問


THE DIG Special Issue ザ・ビートルズ CDエディション(シンコーミュージックMOOK) (シンコー・ミュージックMOOK)
THE DIG編集部
シンコーミュージック・エンタテイメント
売り上げランキング: 157



Tags: , , , , ,

ブックマーク&RSS:

AVラック / 自作

av08-00




【ピュアオーディオ入門への道 その4】

今回はこの写真のAVラックの作り方です。

・・・

アンプ、CDプレーヤー、スピーカーと一通りのものが揃った。

プリメインアンプ / PMA-1500AE 
CDプレーヤー / DCD-1500AE
スピーカー / iQ30(KEF)


しかし、
ここから重要なのはセッティング。

ということで、

現在の部屋で最大限のリスニングポイントを得るべく、

AVラックとスピーカースタンドを自作するコトを決意。


本来なら、スピーカーはスピーカースタンドに、

アンプとCDプレーヤーをAVラックに設置したいトコなんだケド・・・

今使ってるTVボードも活かそうとすると、

どんなに部屋の寸法を測っても、無理なコトが判明。

なので、

AVラックの上にスピーカーを乗せるコトにして、

スピーカースタンドとAVラックそれぞれ1つずつ作成するコトにしました。

と言っても。

まったくの日曜大工のシロウト(工具もほとんど持ってない)が、

簡単に、オシャレに、しかも安くできる方法なんてあるのかな・・・

とネットを探してると・・・

ありました!

The TNT FleXy TableR: DIY audiophile rack

いろんなサイトやブログで紹介されてるようで、

結構有名なモノみたい。


しかも、

ボルトでの調整なので、スピーカースタンドとの高さ調整も問題ない!

これならボクにもできそうだ。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

てなコトで、

このラックを作っちゃいました。

いざ!PMA-1500AEとDCD-1500AE用のAVラック作製です!

【主な材料】

・MDF材 600×450mmのサイズにお店でカット ×3枚
(ボクがいったお店には9mm厚のものしか売ってなかった。
強度的に多少の不安があったケド、購入。)

・寸切りボルト(直径15mm) 長さは650mmにカット ×3本

・ナット、ワッシャー 各18コ

・ラバーワッシャー 18枚(売ってなかったのでゴム板をくりぬき

・塗装するもの(サンディングシーラー/木部着色ステイン/ウレタンニス)

・その他(刷毛、サンドペーパーなど)

ちなみに設計図はこんな感じ

(図面の知識は無いんだケド、お店ではコレで十分通じた。)


サンディングシラーで下地作り

まず、

カット加工したMDF材に軽くサンドペーパー(240番くらい)をかけ、サンディングシラーを塗って、下地作り。

水性の塗料たち

ちなみに、

今回はすべて水性のものを使用。

(お部屋が臭くなるのが嫌だもんね)

電ドリで穴あけ

ここで、

電動ドリルを使って穴あけ。


MDFは柔らかいので、結構簡単に開きました。

(寸切りボルトより少し大きく18mmの穴)

ひたすら塗装&みがき

ここからは、

サンドペーパー&塗装の繰り返し。

(今回は2回塗り。240番→400番)

最後にウレタンニスを塗って、
乾燥後に最後のサンドペーパー(400番)。

ナットをくるくる

いよいよ組み立て。

ここまで来たら、もうほとんど完成。

各板をナット・ワッシャ-・ラバーワッシャーではさむだけ。

実は150円の水平器

一応、
100均で購入した水平器で水平もチェック。w

めでたく完成!

で、
ついに完成。

強度的な心配もあったケド、
とりあえず問題ないみたいです。
(音質には影響あるかもだケド・・・)

一番の問題は塗装かな・・・

とても難しかった。

でもだんだんコツは掴んだので、次に作るスピーカースタンドの時には、この経験を活かしたい。


結果としては、

非常に満足してます。

サイズもぴったり。

ホントに日曜大工初心者でも問題なく、

簡単にできます。

ぜひ、みなさんも機会があればお試しください。

【今回勝手に参考にしたサイト】


go beeat


いんちきブログ

 

次回はKEF/iQ30用のスピーカースタンドの自作に挑戦です!


Tags: , , , , ,

ブックマーク&RSS:

CDプレーヤー / DCD-1500AE

dcd1500.jpg

【ピュアオーディオ入門への道 その2】

プリメインアンプ/PMA-1500AEのつづき

今回はCDプレーヤーの話・・・

さて、アンプは決まった。

家にあるCDプレーヤーにつないだものの・・・

確かに格段に音は良くなった。
そうなんだケド、なんだか店で視聴した時の感覚とは全然違う。

当初の予定では、
しばらくしてから購入する予定だったんだケド、
やはりCDプレーヤーもこのタイミングで買うことにした。

で、
簡単にネットで予備知識を仕込んで・・・
またいくつかのお店を回り、
視聴&店員さんといろんなお話をした。

今回持参したCDは、
BEN FOLDS 「rockin’ the suburbs」

でも・・・
すべてのショップの人に、
アンプと同じのDENONのCDプレーヤーを薦められました。
(ある店では他のメーカーから派遣されているスタッフにもw)

なので、
ここはあっさり
DCD-1500AE755AEの2択に決定。

ネットの情報では、
アンプはケチっちゃダメだケド、
CDプレーヤーはワンランク落としても、そんなに違いはわかんない。
その分の浮いたお金をスピーカーにまわすのだ!

・・・みたいな感じだった。


ところが。
比較して視聴してみたら・・・

全然違うじゃん。


音の荒さっていうの・・・

それが全然違う。

キメの細かさっていうのかな。
755AEはザラついてるような感じ。

店員さんに聞いても、
せっかくのアンプなのにもったいないですよ。

とか、
スピーカーの購入を延期してでも1500AEにした方が良いですよ。

とか、
適当に録音しているCDを聴くなら同じかも知れないケド、
きっちりと録音しているCDだと違いが歴然ですよ。

とか。

(ちなみに持参したBEN FOLDSのCDは案外良い録音みたい。
店員さんも興味を示してた。w)

ま、
何よりも自分の耳が違いを認識してしまったのだから仕方ない。
(聴き分けられなかったほうが幸せだったかも・・・w)

ということで、
CDプレーヤーは・・・

DENON DCD-1500AE

を購入しました。


んで、
家に帰り、プリメインアンプ PMA-1500AEと接続。

気持ち良いなぁ。

やっぱり1500AEにして正解。


しかし・・・

そう・・・

やはり。

スピーカーが・・・



てコトで。
このDENONのアンプとCDプレーヤーに
ぴったりのスピーカーを購入しました。

つづく


DENON CD/SA CDプレーヤー プレミアムシルバー [DCD-1500AE-SP]
デノン (2005-09-10)
売り上げランキング: 10745
おすすめ度の平均: 4.5
4 エントリークラスのSACDプレーヤー
5 サウンドを奏でるメーカー

Tags: , ,

ブックマーク&RSS: