セッティング

インシュレーターの設置&材質


今回は前回の続きで、

インシュレーターのセッティングについてです。


インシュレーター / AT6099(Audio-Technica)




まず、一番大切なのは・・・

ぐらつかないコト!!

とにかくこれが基本です。

設置について

最初に書いたように、安定して設置するコトが第一条件なので、

理論的にも3点支持が断然おすすめです。

4点支持でガタつきなくするには、相当シビアな調整が必要ですので、

そういった職人的能力をお持ちの方はぜひチャレンジしてください。

(いろんなものはさんで調整するみたい)

で、

次にその3点の置き方。

・前2個、後ろ1個パターン

● ↓前方

(※以下、∴と書きます。)

 

・前1個、後ろ2個パターン

 ↓前方

(※以下、∵と書きます。)

 

ボク個人としては、

普段聴いている音楽がこんななので、音像がはっきりしたのが好みなので、

音像重視のセッティングで設置しています。

(クラシックなどをよく聴く人は、音場重視みたいですね)

ただ、

実はこれがまたクセもので・・・

以前使っていたスピーカーでは、∵の置き方でばっちり決まってました。

 

ところが、

今使ってるKEFのiQ30では、

何回試しても、こっち∴の方がスキッと音が向かってくる。

以前のスピーカーの設置場所とは違うので、

多少のバッフル効果なんかも影響してたのかな・・・と勝手に解釈してますが、

不思議なもんです。

ただ、ここは自分の耳を信じて・・・

というか、∴が好みの音なので、今はこっち∴にしてます。

で、

一応、ネットでいろんな感想をみてみたら、



・音場重視

・音がしまる
・音揚重視

・開放的な音がする

・音が大きくなった


って声が多いみたい。


でも、ボクと同じように

∴の方が、音が勢いよく前に出てくるって人も、やっぱりいましたよ。

ま、もしかしたら、

KEF/iQ30のように特殊な形のスピーカーなのが関係してるのかも知んないです。

あ、あと面白かったのは、

ボクは試してないケド、左右∴∵逆にするとやっぱり音もバラバラになるんだって。

 

材質について

これは結構ポピュラーな方法ですが、

10円玉をインシュレータ-として使う方法。

これは実際ボクも昔、試したコトがあるケド、

何もしていない時と比較すると音が良くなりました。

で、

調べてみると、5円玉の間に球状の何かを挟んでインシュレーターとする流派があるみたい。w

硬質ゴムやコルクボール、はたまた、ビー玉やパチンコ玉やスパーボールなどなど・・・

なかなか試してみると面白そうな世界だ。

 

あとは、ベーゴマをひっくり返してインシュレーターとしたり、

ん~・・・奥が深いなぁ。

今は、

Audio-TechnicaのAT6099 を使っているケド、

いつかいろいろと試してみたいね。


と、ここまでいろいろと書いてきましたが、

はっきり言って、個人の感覚、好みの領域の話なので、

正解はないと思います

スピーカーやアンプなどのオーディオ機器にも左右されるし、

もちろん設置場所や部屋の大きさや演奏する音楽によっても変わってくるし・・・

ただ・・・

誤解のないように言っておきますが、

インシュレーターで

間違いなく音は変わります。

なので、

いろいろと試して自分に合った音を見つけていきましょう。

と、入門者のボクが言うのもアレですケド、

これこそがピュアオーディオの醍醐味なんでしょ。w


audio-technica ハイブリツドインシユレーター AT6099
オーディオテクニカ
売り上げランキング: 1041
おすすめ度の平均: 4
4 手軽に音質アップ
5 コストパフォーマンス高し
5 期待以上の効果です。
4 10円インシュレーターからのステップアップにぜひ!

audio-technica ハイブリツドインシユレーター AT6098
オーディオテクニカ
売り上げランキング: 2170
おすすめ度の平均: 4.5
5 良いです☆
4 音が良くなりました。
4 低音・高音域共にぬけがよくなりました
5 これで十分

タオック ハイブリッドインシュレーター4個1組 TITE-25MF
TAOC
売り上げランキング: 46805
おすすめ度の平均: 5.0
5 艶と潤いのある音へ

Tags: , , , , , ,

ブックマーク&RSS:

インシュレーター / AT6099(Audio-Technica)

ins090107.jpg

【ピュアオーディオ入門への道 その6】

今回はスピーカーの設置には欠かせないインシュレーターについてです。




まず、インシュレーターとは・・・


スピーカーやAVボードの振動を分散したり吸収する物で、

スピーカーと設置する場所の間に挟んで使います。


そうなんです。

スピーカーを置いているAVボードなどに
触ると分かると思うんですケド、

AVボード自体も振動してるんですよね。



ということは、

AVボードからも余計な音を鳴らしちゃってるんです。


なので、

その余計な音を無くし(減らし)、

スピーカーからの音をできるだけクリアな状態で聞こえるようにするものが、

インシュレーターの役目なんです。




こんな感じで合ってるかな。w

とくに、

安定感の悪いAVボードなどの上にスピーカーを置いている場合には、

劇的に大きな音の変化があらわれると言っても過言ではないでしょう。
(音が良くなるという意味ではありません)


ボクの場合はスピーカースタンドもAVラックも自作したので、

インシュレーターなしとかありえません。w

(というか、インシュレーターの使用を前提として作製しました)



ちなみに、

上の写真はボクが使用しているインシュレーター、
Audio-TechnicaのAT6099

スピーカー(iQ30)のサイズ的には、
以前使っていた一回り小さなインシュレーターよりも、
安定感の点では、このサイズくらいがぴったりかな。

音に関しては、
メーカーによると
「明確な定位と伸びる高域厚みのある低域」

ってコトなんですケド、

・定位に関してはばっちり問題ないです。
・高域も伸びるというよりかは、音像がすっきりとして繊細になりました。
・ただ、低域に関しては厚みは感じないなぁ・・・
 でもこれも音像ははっきりしています。

個人的には音の定位と音像を重視するので、
その意味では、
このインシュレーターは今のところ十分満足しています。


えっと・・・

インシュレーターの材質や設置方法(3点支持か4点支持か)などなど

まだまだ結構奥が深いので

その話はまた今度。

インシュレーターの設置と材質


audio-technica ハイブリツドインシユレーター AT6099
オーディオテクニカ
売り上げランキング: 1041
おすすめ度の平均: 4
4 手軽に音質アップ
5 コストパフォーマンス高し
5 期待以上の効果です。
4 10円インシュレーターからのステップアップにぜひ!

audio-technica ハイブリツドインシユレーター AT6098
オーディオテクニカ
売り上げランキング: 2170
おすすめ度の平均: 4.5
5 良いです☆
4 音が良くなりました。
4 低音・高音域共にぬけがよくなりました
5 これで十分

タオック ハイブリッドインシュレーター4個1組 TITE-25MF
TAOC
売り上げランキング: 46805
おすすめ度の平均: 5.0
5 艶と潤いのある音へ

Tags: , , , , , ,

ブックマーク&RSS: