Archive for 5月, 2010

アイアンマン マークV / 特撮リボルテック(海洋堂)

Posted by mats01 on 12月 02, 2012
lifestyle, movie, 未分類 / No Comments



アイアンマン マーク5のリボルテックを購入。
(と言っても、リボルテックって何なのかあんまりよく分かってない・・・)

とにかく、カッコイイ。

正直、
映画を観た時はマーク5自体はあんまりカッコいいとは思ってなかったんだケドね。

 

実はこのリボルテックとか言うのはマーク2に続いて2体目。

マーク2はマーク2で気に入ってて十分満足してたんだケド、
コレに比べたらもう・・・

ポーズもよく決まるし、
関節とかに接続してる丸いボールみたいなのもほとんど見えないし、
質感も安っぽくないし、
箱から出した時の立ち姿からすでにカッコ良かった。







あぁ・・・素敵w

今回はiPodtouchで写真を撮ったんだケド、
いつかちゃんとカメラで撮りたいなぁ。

 



 

しかし・・・
マーク2とは雲泥の差だね。気に入ってたんだケドなぁw

2013年の2月にはアベンジャーズver.のマーク7も出るみたい。
買っちゃうんだろうなぁ・・・

 

 

特撮リボルテック SERIES No.041IRONMAN MARK5
海洋堂 (2012-12-01)
売り上げランキング: 49
特撮リボルテック SERIES No.042 IRONMAN MARK7
海洋堂 (2013-02-01)
売り上げランキング: 9

Tags: ,

ブックマーク&RSS:

カポ / PERFORMANCE CAPO(G7th)

Posted by mats01 on 9月 09, 2012
music / No Comments

G7th PERFORMANCE CAPO

何年かぶりにカポを購入したんですが・・・

このカポ、スゴイです。

こんなのあったんですね。
ホントに今までのカポのイメージがガラリと変わりました。

 

カポを選ぶ時に重視する条件って、

・デザイン
・重さ
・サイズ(演奏時に邪魔にならないか)
・価格
・しっかり押さえられて音がビビらない

などなど・・・

人によっても色々あると思うケド、

個人的には、“脱着時のストレス”を軽減したい!
これが最重要項目でした。

 

今までもいくつかのカポを使ったケド、
形状は違えど最終的にはすべてネジ式だったので、

取り付け&取り外しの時には
毎回ねじねじねじねじ(イライラ)・・・

で、
いろいろと探して最終的に候補に残ったのが、

DunlopのTRIGGERカポタスト
G7thのPERFORMANCE CAPO

この2種類。

で、
さらにレビューやデザインなどを吟味した結果・・・

 

エリック・クラプトンも使ってるから

という中学生みたいな理由でG7thのカポに決定!
だって、神様も選んだんだから間違いないでしょ 。

 

んで、
実際使ってみた感想ですが、

脱着の容易さにはホントに感動しました。

装着時はグッと握るだけ、外す時もワンタッチ。
もちろんしっかり押さえられてます。
(曲中のカポの移動も可能かも・・・)

サイズも小さく、重さも軽くて邪魔にならないし。
光沢感と重厚感のあるガンメタのブラックにしたのでカッコいいしw

 

あぁ、もっと早く出会いたかった。

 

http://www.g7th.com/capos/performance (G7thオフィシャルサイト)



 

G7th カポタスト エレキ、アコースティック用カポ G7th BLACK CAPO
G7th
売り上げランキング: 2256
G7th G7TH PERFORMANCE CAPO カポタスト
G7th
売り上げランキング: 328
Dunlop(ダンロップ) TRIGGERカポタスト Curved/NI 83CN
JIM DUNLOP
売り上げランキング: 263

Tags: , , ,

ブックマーク&RSS:

SACDマルチ/SACD Multi-chが聴きたくて・・・ / DV-610AV-S(Pioneer)

Posted by mats01 on 3月 28, 2012
SACDマルチ, オーディオ選び / No Comments




SACDのマルチチャンネルが聴きたくて、
低価格ユニバーサルプレーヤー:DV-610AV(Pioneer)を購入しました。



これまでもSACD自体は、
ウチの入門用システム(DCD-1500AE、PMA-1500AE)で、
堪能してたんだケド、
残念ながらマルチには対応してなくって・・・

だからいつも、
何枚か持っているSACDに記された
“Multi-ch”の文字を見るたびに、
聴きたい欲求とマルチの世界への妄想と憧れに悩まされていましたw


そんな時、
ネットでDV-610AV(Pioneer)を発見。

安い。


まぁ正直、
この価格なら音質は期待できないだろうケド、
大好きなあの曲やあのアルバムをぜひマルチで聴いてみたい。

と、
気付けばamazonでポチっと・・・w



そんなこんなで、商品到着。

おぅ・・・
取説が英語ver.と中国語ver.しかない。

ちなみにこのamazonで購入した
DV-610AV-Sは海外仕様の並行輸入品


だから安いってのもあるケド、
それよりなにより、
DVDのリージョンも気にしないでOK、
PALだろうがNTSCだろうがどんと来い。
(海外の怪しいDVDも再生可能w)

対応メディアも・・・
SACD 、DVDオーディオ、DVDビデオ、ビデオCD、音楽CD、
2層DVD-R(ビデオモード)、2層DVD-R(VRモード)、2層DVD+R(ビデオモード)、
DVD-R/RW(ビデオモード)、DVD-R/RW(VRモード)、DVD+R/+RW(ビデオモード)、
CD-R/RW、CDV(オーディオパートのみ)、DTS-CD、
DivX Ultra/WMV/ WMA/MPEG-4 AAC/MP3/JPEG形式で記録されたDVD-R/RW、
CD-R/RW及びUSB機器

こんな感じのユニバーサルプレーヤーなので、
コストパフォーマンスは半端じゃないw


ま、
今回はSACDマルチ用に購入したので関係ないんですケド。


さっそくHTMIで接続。

ここでボクのAVアンプがDSDに対応していないコトが判明。

しかし、もともと音質は二の次なので無問題。

さらに、MENU画面も全部英語だったケド、

感覚的に設定。

OK。


いざ!

SACDマルチの世界へ向かうため、
CDラックを探してみたところ・・・

所有のSACDの内、
下記の5枚がマルチに対応していたので片っ端から聴いてみました。

The Dark Side of the Moon/Pink Floyd
The Nightfly/Donald Feigen
Hotel California/Eagles
Every Breath You Take: The Classics/The Police
Cheap Thrills/Big Brothers & Holding Company


おぉ!

わぁ

ほぉ

へぇ・・・

んん

前からも後ろからも
いろんな方向から
聴こえてくる音、音、音。


楽しい。

マルチ楽しい。



一口にSACDのマルチと言っても、

・楽器やコーラスなどを5つのスピーカーに振ったもの
・環境音や臨場感を重視したもの
・サラウンド感にこだわったもの

などなど
いろいろなタイプがあって面白い。
(個々のアルバムの感想はあらためて書きたいなぁと思います)


もし、

・環境が整ってるケド、まだ聴いたコトがない人
・ボクみたいにプレーヤーの問題だけの人
・大好きなアルバムやアーティストのSACDがマルチで存在する人
・SACDのマルチには興味があるケド、踏ん切りがつかない人は、

ぜひマルチの世界に飛び込んでみるコトを検討してみて欲しいな・・・と。


正直に言うと
音質に関しては、
DCD-1500AE+PMA-1500AEクラスのものと比べても落ちます。

でも、
音質を超えた楽しい世界が待ってました。

高価なプレーヤーでなくても、
こんなに楽しめるんだよね。


ただ、
マルチに対応したロックやポップスのCDが絶対的に少ないんだよなぁ・・・
(クラシックやジャズの方が充実してるっぽい)




The Dark Side of the Moon
The Dark Side of the Moon
posted with amazlet at 12.03.28
Pink Floyd
Capitol (2003-03-25)
売り上げランキング: 5815

ナイトフライ (SACD/CDハイブリッド盤)
ドナルド・フェイゲン
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-09-14)
売り上げランキング: 18562

ホテル・カリフォルニア(SACD/CDハイブリッド盤)
イーグルス
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-08-17)
売り上げランキング: 2441

Tags: , ,

ブックマーク&RSS:

2012

Posted by mats01 on 1月 01, 2012
lifestyle / No Comments


2012年賀状

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

ブックマーク&RSS: