music

カポ / PERFORMANCE CAPO(G7th)

Posted by mats01 on 9月 09, 2012
music / No Comments

G7th PERFORMANCE CAPO

何年かぶりにカポを購入したんですが・・・

このカポ、スゴイです。

こんなのあったんですね。
ホントに今までのカポのイメージがガラリと変わりました。

 

カポを選ぶ時に重視する条件って、

・デザイン
・重さ
・サイズ(演奏時に邪魔にならないか)
・価格
・しっかり押さえられて音がビビらない

などなど・・・

人によっても色々あると思うケド、

個人的には、“脱着時のストレス”を軽減したい!
これが最重要項目でした。

 

今までもいくつかのカポを使ったケド、
形状は違えど最終的にはすべてネジ式だったので、

取り付け&取り外しの時には
毎回ねじねじねじねじ(イライラ)・・・

で、
いろいろと探して最終的に候補に残ったのが、

DunlopのTRIGGERカポタスト
G7thのPERFORMANCE CAPO

この2種類。

で、
さらにレビューやデザインなどを吟味した結果・・・

 

エリック・クラプトンも使ってるから

という中学生みたいな理由でG7thのカポに決定!
だって、神様も選んだんだから間違いないでしょ 。

 

んで、
実際使ってみた感想ですが、

脱着の容易さにはホントに感動しました。

装着時はグッと握るだけ、外す時もワンタッチ。
もちろんしっかり押さえられてます。
(曲中のカポの移動も可能かも・・・)

サイズも小さく、重さも軽くて邪魔にならないし。
光沢感と重厚感のあるガンメタのブラックにしたのでカッコいいしw

 

あぁ、もっと早く出会いたかった。

 

http://www.g7th.com/capos/performance (G7thオフィシャルサイト)



 

G7th カポタスト エレキ、アコースティック用カポ G7th BLACK CAPO
G7th
売り上げランキング: 2256
G7th G7TH PERFORMANCE CAPO カポタスト
G7th
売り上げランキング: 328
Dunlop(ダンロップ) TRIGGERカポタスト Curved/NI 83CN
JIM DUNLOP
売り上げランキング: 263

Tags: , , ,

ブックマーク&RSS:

SACDマルチ/SACD Multi-chが聴きたくて・・・ / DV-610AV-S(Pioneer)

Posted by mats01 on 3月 28, 2012
SACDマルチ, オーディオ選び / No Comments




SACDのマルチチャンネルが聴きたくて、
低価格ユニバーサルプレーヤー:DV-610AV(Pioneer)を購入しました。



これまでもSACD自体は、
ウチの入門用システム(DCD-1500AE、PMA-1500AE)で、
堪能してたんだケド、
残念ながらマルチには対応してなくって・・・

だからいつも、
何枚か持っているSACDに記された
“Multi-ch”の文字を見るたびに、
聴きたい欲求とマルチの世界への妄想と憧れに悩まされていましたw


そんな時、
ネットでDV-610AV(Pioneer)を発見。

安い。


まぁ正直、
この価格なら音質は期待できないだろうケド、
大好きなあの曲やあのアルバムをぜひマルチで聴いてみたい。

と、
気付けばamazonでポチっと・・・w



そんなこんなで、商品到着。

おぅ・・・
取説が英語ver.と中国語ver.しかない。

ちなみにこのamazonで購入した
DV-610AV-Sは海外仕様の並行輸入品


だから安いってのもあるケド、
それよりなにより、
DVDのリージョンも気にしないでOK、
PALだろうがNTSCだろうがどんと来い。
(海外の怪しいDVDも再生可能w)

対応メディアも・・・
SACD 、DVDオーディオ、DVDビデオ、ビデオCD、音楽CD、
2層DVD-R(ビデオモード)、2層DVD-R(VRモード)、2層DVD+R(ビデオモード)、
DVD-R/RW(ビデオモード)、DVD-R/RW(VRモード)、DVD+R/+RW(ビデオモード)、
CD-R/RW、CDV(オーディオパートのみ)、DTS-CD、
DivX Ultra/WMV/ WMA/MPEG-4 AAC/MP3/JPEG形式で記録されたDVD-R/RW、
CD-R/RW及びUSB機器

こんな感じのユニバーサルプレーヤーなので、
コストパフォーマンスは半端じゃないw


ま、
今回はSACDマルチ用に購入したので関係ないんですケド。


さっそくHTMIで接続。

ここでボクのAVアンプがDSDに対応していないコトが判明。

しかし、もともと音質は二の次なので無問題。

さらに、MENU画面も全部英語だったケド、

感覚的に設定。

OK。


いざ!

SACDマルチの世界へ向かうため、
CDラックを探してみたところ・・・

所有のSACDの内、
下記の5枚がマルチに対応していたので片っ端から聴いてみました。

The Dark Side of the Moon/Pink Floyd
The Nightfly/Donald Feigen
Hotel California/Eagles
Every Breath You Take: The Classics/The Police
Cheap Thrills/Big Brothers & Holding Company


おぉ!

わぁ

ほぉ

へぇ・・・

んん

前からも後ろからも
いろんな方向から
聴こえてくる音、音、音。


楽しい。

マルチ楽しい。



一口にSACDのマルチと言っても、

・楽器やコーラスなどを5つのスピーカーに振ったもの
・環境音や臨場感を重視したもの
・サラウンド感にこだわったもの

などなど
いろいろなタイプがあって面白い。
(個々のアルバムの感想はあらためて書きたいなぁと思います)


もし、

・環境が整ってるケド、まだ聴いたコトがない人
・ボクみたいにプレーヤーの問題だけの人
・大好きなアルバムやアーティストのSACDがマルチで存在する人
・SACDのマルチには興味があるケド、踏ん切りがつかない人は、

ぜひマルチの世界に飛び込んでみるコトを検討してみて欲しいな・・・と。


正直に言うと
音質に関しては、
DCD-1500AE+PMA-1500AEクラスのものと比べても落ちます。

でも、
音質を超えた楽しい世界が待ってました。

高価なプレーヤーでなくても、
こんなに楽しめるんだよね。


ただ、
マルチに対応したロックやポップスのCDが絶対的に少ないんだよなぁ・・・
(クラシックやジャズの方が充実してるっぽい)




The Dark Side of the Moon
The Dark Side of the Moon
posted with amazlet at 12.03.28
Pink Floyd
Capitol (2003-03-25)
売り上げランキング: 5815

ナイトフライ (SACD/CDハイブリッド盤)
ドナルド・フェイゲン
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-09-14)
売り上げランキング: 18562

ホテル・カリフォルニア(SACD/CDハイブリッド盤)
イーグルス
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-08-17)
売り上げランキング: 2441

Tags: , ,

ブックマーク&RSS:

キック・アス / サントラ Kick-Ass/Soundtrack

Posted by mats01 on 1月 29, 2011
movie, music / No Comments

キック・アス サントラ

ボクの耳(?)、目(?)には狂いは無かった!

選曲のセンスやタイミングが秀逸だったので、
映画観賞中にサントラ購入を決意してたくらいですから。w

とにかく、映画を観ていない人にもオススメ。

このキック・アスのサントラ・・・名盤です。

収録曲は…

01) Stand Up – The Prodigy
02) Kick Ass – MIKA Vs RedOne
03) Can’t Go Back – Primal Scream
04) There’s a Pot a Brewin’ – The Little Ones
05) Omen – The Prodigy
06) Make Me Wanna Die – The Pretty Reckless
07) Banana Splits – The Dickies
08) Starry Eyed – Ellie Goulding
09) This Town Ain’t Big Enough For The Both Of Us – Sparks
10) We’re All In Love – The New York Dolls
11) Bongo Song – Zongamin
12) Per Qualche Dollaro In Piu (For A Few Dollars More) – Ennio Morricone
13) Bad Reputation – The Hit Girls
14) An American Trilogy – Elvis Presley

※個人的にはやっぱり01、06、07曲目がオススメ!


しかも不思議なのが、

キック・アスの映画自体は、
バイオレンスシーンが苦手なボクには、
(キルビルもダメなレベル)
結構キツいシーンも多かったんだケド・・・

なぜか、
このCDを聴きながら思い出してると、
どのシーンも映画史に残る名シーンに補正されて
再現されてくるんだよね。w
(キック・アスのBlu-ray購入も検討中w)





ちなみに、
amazonでは取り寄せ商品で2月10日入荷予定だったので、
すぐ聴きたかったからタワレコで買ってきました。
(amazonよりちょっと高かったケドw)


Music from the Motion Picture
Music from the Motion Picture
posted with amazlet at 11.01.28
Universal Import (2010-07-13)
売り上げランキング: 402


キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)
東宝 (2011-03-18)
売り上げランキング: 42

Tags: ,

ブックマーク&RSS:

フロントスピーカー/ iQ90(KEF) ≪Q900との比較≫

iQ90

ついにiQ90を購入。
(と言っても、実はちょっと前にですが)


これで、
フロント:iQ90
センター:iQ60
リア:iQ30

になった訳です。


なぜ、この時期に購入してQ900ではないのか。



簡単な経緯は…


iQに新シリーズが発売されるらしい
 ↓
「へぇ、どんなのかなぁ」
 ↓
新シリーズは形も大きく変わるらしい
 ↓
「ん?そうなんだ」
 ↓
ユニットや構造も変更です。
 ↓
「当然、音が良くなるんだったら大歓迎」
 ↓
旧シリーズは在庫次第で終了
 ↓
「え!?いや…ちょっと。試聴しに行こう」



そんな感じで、
新シリーズが入荷されるのを待って、
いつものようにシマムセンに。


新シリーズのの第一印象は・・・

・四角い
・シャッキリした音
・デカイ
・低音に量感は無いが適度に良い感じ


こんなトコロ。

とくにシャッキリした音は、
良く言えばKEFらしい分離感なのですが、
個人的には耳疲れしそうなほどで・・・
(エイジングも完了していない時期だったので、一概に比較できませんが)


ただ、
抽象的な表現ですが、
旧シリーズと比べるとすべてにおいて、
良くも悪くも、パワーアップしている感はビシビシ伝わってきました。


で、

店員さんとお話をした内容などを総合すると…


旧シリーズと新シリーズはメーカーは同じでも、
音の種類は違うとのコト。
(これは実際にボクも感じました)

なので、

今後すべてのスピーカーを新シリーズで揃えるつもりなら、
→Q900をおすすめ

現状のiQ30、iQ60を活かすのなら、
→フロントはiQ90は一択


それと、
当然見た目が大きく変更されているので、
インテリア的観点からもiQ90にポイント。


というコトで・・・

ボク自身、
最初にiQシリーズを購入したのは、
音ももちろんだケド、この特徴的な形に惹かれたからだったし、
(実際同じような理由でiQ90を購入する人も多いとのコト)


やはり聴き慣れた音色、
他のスピーカーとのバランス、
特徴的なデザインからiQ90に決定しました。

もし、
他のスピーカーを持っていなかったら、
新シリーズを購入していたかもしれません。

(個人的には新シリーズのデザインも、
モニタースピーカーっぽくて嫌いじゃないんで)



最後にiQ90の感想もチョットだけ・・・


とは言っても、

iQ90の素晴らしさは、
散々ネット上でも語られているので、
今さらだらだらと書きませんが、


評判通りの高コストパフォーマンス&
あらゆるジャンルを卒なくこなす平均点の高いスピーカー

これにつきると思います。

だって高級なスピーカーだったら、
他にもいっぱいあるもん。


ボクみたいな入門者にも、
ピュアオーディオ&ホームシアターの楽しさや素晴らしさを、
感じさせてくれる素敵なスピーカーだと思います。







Tags: , , ,

ブックマーク&RSS:

オーディオラック/【HAMILEX】REGINA R-1706(HAYAMI)

Posted by mats01 on 12月 31, 2010
music, ピュアオーディオに入門 / No Comments

R-1706

フロントスピーカー(iQ90)を導入する際、
部屋の配置換えが必要となったためオーディオラックとTVボードを購入。

まず、オーディオボード。

今までは自作のモノを使用していたんだケド、
時間的な問題から今回は自作はパス。


で、例のごとく…

ネットでレビューを漁り、
実際にお店に足を運び、予算の問題からも、
今回はこれをチョイス。

家電量販店やオーディオショップでよく見かける、
安心のハヤミ製のラックです。w

→ HAYAMI


で、感想。

この価格でこの質感なのは十分満足。

【良かった点】

・しっかりとした安定感

心配していた安っぽさがなく、(当然ながら、上級クラスのものと比較してはダメw)
相当な力をいれて揺らしても問題ないです。

・キャスター付きなので配線などのセッティングが楽ちん♪

プリメインアンプ、CDプレーヤー、AVアンプを格納。
とくにAVアンプは多種多様な配線が必要なため、これには地味に重宝しました。
(実はスピーカケーブルをLR逆につなぐという凡ミスを連発したため大活躍だったのですが・・・)

・排熱も大丈夫そう

左右の空きがあまりなくボードで囲まれているので不安だったのですが、
背面の空きと、今回は3段分のみの使用(付属の棚板が2枚余りました)なので、
上下のスペースが十分取れたため、心配は杞憂でした。

【悪かった(?)点】

・でかい

もちろん購入前に部屋の実測済みでしたが、
いざ設置すると思っていたよりも大きくて驚いた。
ただ、そのおかげで前述の排熱や振動の問題もクリアしてるのでは・・・
と思うようにしています。


・前面のガラス扉

本来はしっかりとしたガラス扉が付いたラックなのですが、
やはり振動と排熱を考慮して取付しませんでした。

ちなみに、
組み立て工程的にはガラス扉の取り付けは最終工程なので、
捨てずに置いておけば、気分次第でいつでも取り付けられるので安心です。


こんな感じ。

iQ90のウォールナットの色ともぴったりで気に入ってます。



クアドラスパイア ブラック棚板・ブラックポール Q4DB/BK
クアドラスパイア
売り上げランキング: 30716


Tags: , ,

ブックマーク&RSS:

センタースピーカー /  iQ60c(KEF) ≪iQ30をフロントに≫

iQ60c


AVアンプ購入後、(→ AVアンプ / AVC-3310 ( DENON)
しばらくはファントム接続をしていたんだケド・・・

結局、
センタースピーカーにiQ60cを購入。

フロントスピーカーは、ピュアオーディオ入門で購入したiQ30にプリアウト。
スピーカー / iQ30(KEF)


とりあえず、
購入する前に抱いていた疑問は、

【iQ30をフロントにした場合】

■iQ60cはiQ30に対してスペックオーバーなのか?

・iQ60cの価格 ≒ iQ30×2本分の価格
・搭載ユニット数もiQ60cが4でiQ30が2。

■やはりiQ70やiQ90をフロントにしないとバランスが悪いのか?

やっぱりiQ60cをセンターにするならiQ30はリア用?

■(単純計算で)3万円台のセンタースピーカーの方がiQ30とのバランスが良いのか?

価格≠性能じゃないんですケド・・・ね。


などなど。

しかし、ネットでいろいろ検索しても、
iQ60cセンター+iQ30フロントの感想ってのが、
あんまり見つからないんですよね・・・
(iQ30リアはいっぱいあるのに・・・)

んじゃ、
実際に詳しいことは聞きに行こう!

ってコトで、
iQ30を購入した日本橋のシマムセンへ。

AVアンプ(AVC-3310/DENON)などの環境を伝え、
上記の疑問をぶつけたところ・・・

・確かにiQ60cはiQ70やiQ90向け
・ただAVアンプで調整は可能
・音色や音の方向性ではやはりKEFで揃えるのが理想
・サイズが大きいので、予算と設置場所に問題がなければ、やはりiQ60cがおすすめ。

他にも親切にいろんなお話を聞かせてもらったケド、
要約するとこんな感じ。

んで、
実際に試聴させてもらったのですが・・・

ボク的に決め手になったのが、
センタースピーカーのみの出力で試聴で比較をさせてもらった時。

YAMAHAやALR/JORDANのスピーカー(約3万円台の価格帯)と比較して、
圧倒的に心地良かったんです・・・iQ60c。

価格帯が違うので当たり前なんだケド・・・

もうまるで別次元。


感覚は個人差があるし、
単体で聴けばそれぞれ良かったんだケド、

なんつーのか、
他のは全体的にザラザラしてて・・・
よく言えば明確な音の方向性、
悪く言えば耳障りな感じ。

普段からKEFの音色に触れているってコトも大きいのだろうケド、
iQ60cは一瞬聴いただけでしっくりと来た。


さらに大きく背中を押してくれたのはデザイン。

スピーカーやオーディオ機器って、
インテリアの側面も大きいので、
そうなるとiQ60c一択になるんですよね…

多少大きくても。


で、
そんな感じで迷わず購入しちゃいました。


というコトで、
まだエージング段階ですが実際にセッティングしての感想など。

心配していたフロントとのバランスですが、
AVアンプのオートセッティングで何も問題ありません。

お店の方にも、もしバランスが悪ければ、
センターを絞ることも勧められましたが、
その必要はまったくありませんでした。

確かにそれぞれのユニット数は違いますが、
ツイーターのサイズ的にも、
そんなに神経質になるコトはなかったんじゃないかと・・・


そして何よりも(当然ですが)、
iQシリーズの音の方向性が同じなので、
今までシーンによっては感じていた音の移動の違和感もなく、
さすがに自然です。

あと、
ウチのリスニング環境はマンションなので、
下の階のコトを考えてサブウーファーは設置していません。

しかし、これに関してもまったく不自然な感じはなく、
むしろ、心地良いくらいです。
(個人的にあの腹に響くような低音が好きじゃないってのもあるケド)


ちなみに、
iQ60c単体の感想は、

音量を絞っても聴き取れる音の分離感は流石KEF。

また独特の形状によるものなのか、
リスニングポイントはある程度動いても大丈夫なほど、
余裕がある様に感じました。
(AVアンプ側の制御かもしれないケド)

ただ…

やはりデカイです。w

当然設置場所に関して制限が出てくるので、
場所によって全体の音作りの傾向に変化があるかも知れません。


あ、そうそう…

あと、
iQ60cと組み合わせてみて、
あらためてiQ30のポテンシャルの高さに驚きました。

人気が高いのも納得です。



では、
長くなったのでこの辺で・・・

とりあえずしばらくは、いろいろなモノを視聴して、
気付いたことがあればまた報告させていただきます。






Tags: , , , ,

ブックマーク&RSS:

AVアンプ / AVC-3310 ( DENON)

AVC-3310


AVアンプを購入。

ピュアオーディオの世界に入門したおかげで、
廉価版のホームシアターセットでは満足できない体になってしまい、

廉価版はもうそろそろ卒業かな・・・と。


ってコトで、
今回も大阪市内のいろんなお店を訪問。

で、
とくに参考になったお店が下記3店舗。

○ヨドバシカメラ梅田店 ○LABI1 なんば ○シマムセン


とりあえず、ボクの環境をすべてのお店の方に伝えて・・・

【ボクの環境】
・AVルームがあるワケでなく普通のマンションで使用
・フロントスピーカーは今使っているiQ30(KEF)を使用したい
・プリメインアンプはPMA-1500AE(DENON)を使用
・なのでプリアウト接続が必須
・接続予定の機器は、TV(ブラビア40型)、ブルーレイレコーダー、PS3とソニー製品ばっかり。
・予算に余裕があるワケじゃないのでエントリー(入門)機で良いのがあれば・・・
・センタースピーカーも予算の中で購入したい(無理ならあきらめます)

お話を聞いたトコロ・・・

1.今は時期が悪い
これからまさに各社から新製品が発売するタイミングなので、
HDMI1.4対応などの新機能が必要ならば、もう少し待った方が良い。
型落ちになる商品の安売りは終了済みで在庫もなし(ヨドバシ梅田)

2.メーカーに大きな差はない
こう書くと語弊があるね・・・、
搭載されてる機能自体もってコト。
性能の比較ではないです。
あと・・・ソニー製品に囲まれていてるからと言って、
AVアンプもソニーにこだわる必要はないそうです。

3.エントリー機と中級機は全然違う
素人の耳でも区別がつくくらい全然別物だって。

4.同じ価格なら展示品が断然おすすめ
エントリー機の価格で新製品を買うなら、
型がひとつくらい古くても展示品の中級機を買う方が良い。

5.おすすめのメーカーについて
これはどのお店でもYAMAHA、DENON、ONKYOの3社がオススメでした。

まとめると大体こんな感じだった。


んで、
これに対してボクの感想は・・・

1.仕方ない。
2.選択肢は広がった。
3.でも予算が・・・。
4.望むところです。
5.ではその3社で。

で、実はYAMAHAのAX-V1065の購入に心が動きかけてきた時に、
“AVC-3310(DENON)”と出会ったんです。

上記条件3の中級機が展示品価格で!
(お店の方いわく、AVC-3310は中級機だそうです。)

しかもブラックは展示品のみだケド、シルバーは在庫がある・・・と。

そうです。
現在使用中のプリメインアンプ(PMA-1500AE)と同じカラー、デザインなんです。

この時点でボクの心はほぼ決まってました。


音質、音色的にもすでにスピーカー(iQ30/KEF)とDENONのアンプとの
相性は個人的に実証済みですし。


あとは店員さんに軽く背中を押してもらうだけでした。w



てなことで、
まだセッティングで試行錯誤を繰り返してますが、
今の段階で言えるのは、

廉価版のホームシアターセットとは何だったんだろう・・・ってくらい、
スゴイです。

AVC-3310。



結局、センタースピーカーも購入したので、
そのコトについてはまたあらためて・・・

→ センタースピーカー /  iQ60c(KEF) ≪iQ30をフロントに≫

DENON AVアンプ AVC3310SP
DENON AVアンプ AVC3310SP
posted with amazlet at 10.06.19
デノン (2009-08-31)
売り上げランキング: 53659

ELECOM HDMI1.3aケーブル 1.5m ブラック (PS3対応) DH-HD13A15BKAZ  [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
エレコム (2009-11-30)
売り上げランキング: 502
おすすめ度の平均: 4.5
5 PS3用。
5 良いです。
5 満足です
5 予想外の梱包に驚きました
5 問題解決!

ヤマハ AVアンプ AX-V1065(B)ブラック  AX-V1065B
ヤマハ (2009-07-31)
売り上げランキング: 91678





Tags: , , ,

ブックマーク&RSS:

TuxGuitarとguitar proのギターの音の比較

Posted by mats01 on 11月 22, 2009
DTM始めました, music / No Comments

さて・・・ボクは今、ご機嫌に“guitar pro 5”を使ってるわけですが、
購入する前に少し気になったのが・・・

“guitar pro”のRSEとは・・・リアルなギターサウンドって言うケド、
RSEってどんな感じなの?

ってコトだったので、
実際にTuxGuitarとguitar proの音の違いを、ちょっとアップしてみようと思います。

今回はサンプルにultimate-guitar.comから、
KAISER CHIEFS のRubyをダウンロードしてきました。

では、まず、“TuxGuitar” 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.



次に、“guitar pro 5”のRSE

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.




どうですか?

コレをリアルというかどうかはともかく
確かに全然違いますね。



“TuxGuitar”も機能的に十分スゴいケド、
こうやって聴き比べるとやっぱり“guitar pro 5”の方が練習するモチベーションが高まる気がする・・・。



ちなみに、“TuxGuitar”の方はWindowsの音源を利用しているみたいなので、
Macの方や違う音源を利用している人は、たぶん違う音になってると思います。



こちらはオリジナルです。



比べちゃいけません・・・w


Guitar Pro 5 日本語版
Guitar Pro 5 日本語版
posted with amazlet at 09.07.29
イーフロンティア (2006-11-24)
売り上げランキング: 110
おすすめ度の平均: 4.5
5 これはいい
4 ギターの練習に最適

Tags: , , , , ,

ブックマーク&RSS:

THIS IS IT

Posted by mats01 on 11月 19, 2009
movie, music / No Comments

やっと、
マイケル・ジャクソンの話題の映画『THIS IS IT』を、

デジタル上映のなんばパークスシネマで観てきました。


デジタル上映のおかげなのか、
今までに観た音楽関係の映画の中では、
圧倒的な音質、映像だったように思う。


いわゆる、
DVDなどの特典映像のような内容にもかかわらず、
驚くほどの臨場感と緊張感を味わえた時間でした。


間違いなく
DVDやBlu-rayで発売されるんだろうケド、
相当なAVルームを持っていたとしても、
劇場で観るべき。
(公開終了寸前の今頃観たボクが言うコトじゃないケド)


もう、とにかく。


MJのことが好き嫌いとか、洋楽は・・・とか
そんなんじゃなくって、

ジャンル、洋邦を問わず音楽を聴くのが好きな人は、

絶対観たほうが良い!


そこには神がいるから。
(言い過ぎかな)


うまく言葉で表現できないケド、
音楽や何かをクリエイトするために必要なものが、
たくさん込められている。

もちろん、愛にもあふれてた。



ボクは熱狂的なMJファンってワケでもないのに、
なんだか終始ウルウルしてた・・・


あと・・・ダンス。

ボクはダンスのコトはよくわからないケド、

世界中から集まり、
オーディションを勝ち抜いたダンサーたちの表情を見てるだけで
十分伝わった。



あらためて、

彼が“King Of POP”と呼ばれている意味が分かりました。



もう一回観にいこうかな・・・



R.I.P

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-01-27)
売り上げランキング: 4
おすすめ度の平均: 5.0
5 皆さんのレビュー見ただけで泣けてきた
5 まさにこれだ
5 怒ってるんじゃないよ、LOVEなんだ
5 完全永久保存版です。
5 まさに神の領域…完璧な癒やし

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-01-27)
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 5.0
5 生き様に感服
5 観ましょう!!
5 Michael 最高のエンターテイナー
5 ロックンロール・チャーチ !
5 超かっこよかったです

マイケル・ジャクソン THIS IS IT (Amazon限定スチールブック仕様/完全数量限定/特製ブックレット付き) [Blu-ray]
Sony Pictures Entertainment (2010-01-27)
売り上げランキング: 3
おすすめ度の平均: 5.0
5 これがスタート!
4 限定とかやめて〜
5 スチームケース 良いですね
5 どちらも買っちゃおう!
5 価値ある作品


Tags: , ,

ブックマーク&RSS:

ザ・ビートルズ BOX USB

Posted by mats01 on 11月 16, 2009
music / No Comments

なんと。

今年9月に発売したザ・ビートルズのデジタルリマスターCDBOXが、
USB盤となって発売だって。
12月16日発売。価格は3万8740円。

ザ・ビートルズ BOX USB

ビートルズ初のUSBメモリ、アップル型で登場


世界限定3万個。

いつか、こんな時代が来るとは思ってたケド・・・

思ってるよりも早くCDが無くなる時代が来てるかもしんないね。


で、
形はお茶目なアップル型でヘタを引っこ抜いて使用するんだってさ。
(ということは、実の部分には何もないってコトなのかな?)


気になる音質も、
日本ではあまり馴染みがないケド、
44.1kHzのFLACファイルが収録されているので全く問題なさそう。

16GBのUSBにはmp3やDVDのドキュメンタリー映像、
ライナーノーツまで収録されてるんだって。


ん~・・・
これはチョット欲しいケド、
CDBOXには満足してるし、
やっぱり聴くたびにチラッとでもジャケットを観るってのも楽しみのひとつだし・・・ね。

でも・・・気になる。

ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
ザ・ビートルズ
EMIミュージックジャパン (2009-12-16)
売り上げランキング: 394

The Beatles [USB]
The Beatles [USB]
posted with amazlet at 09.11.16
The Beatles
EMI (2009-12-08)
売り上げランキング: 475

Tags: ,

ブックマーク&RSS:
Pages: 1 2 3 4 Next